こんな「昔気質」の会社、まだあったの?

と思わせるほど、みんなが温かいのです。

人間くさい人たち・・・・と言いましょうか、とにかく、「何となく居心地のいい会社」なんです。3Kの職場だから・・と勝手に決めつけないで(普通の会社よりよっぽど安全にシビアです)、一度、ぜひ会ってみたらイイと思います。人情に厚く、義理堅く、あたたかい。そんな人たちが毎日汗を流して地道に働いている会社です。今時、意外にカッコイイ会社なのです。
そんな人たちの中から、想いをいただきました。

 

2017年度 募集要項
正社員募集
募集職種 工事施工管理技術者 幹部社員、工事監督者、設計要員、現業社員(溶接士、配管工、製缶工)
就業時間 午前8:00~午後17:00  休憩60分  定時間勤務:8時間
残 業 あり ※平均20時間位/月 25%時間給割増
休 日 日曜・祝日・土曜日 正月休暇、お盆休暇 年間105日
有給休暇 入社3ヶ月後:5日  1年後:10日  最高:20日
給 与   基本給  
幹部社員 250,000以上 給与からの控除
所得税・社会保険料・昼食弁当代(注文すれば)
工事監督者 230,000以上
設計要員 220,000以上
現業社員 200,000以上
通勤費 通勤距離により最高20,000円まで
賞 与 年2回 (7月、12月)
昇 給 年1回
申し込み ホームページよりエントリーもしくは電話(086-455-2544) 担当:総務部 小川
高卒者は、ハローワーク経由となります。9月5日以降の申し込みとなります。大学卒は、随時申込みを受け付けます。
提出書類 1.履歴書  2.成績証明書 3.卒業見込証明書
試験内容 面 接
仕事への想い・それぞれのカタチ 代表取締役 森上正宏
TOP MESSAGE・・・巴鉄工の将来像
我社はプラント工事一筋に今日まで47年間やって参りました。
我々の仕事は常に人がこつこつと築き上げて行くしかない手作業の世界です。最近でこそ管理や設計の一環でPCやCADが多用途に使われる様になりましたし、機械やツールもコンピューター化され改良されてきましたが、現場工事にあっては所詮作業者がチームを組み協力して対応するしかない職場です。もっと近代的な機械化が出来ないものかと考えますが、逆にそれが良いのかも知れません。これから先も延々と人がやって行くしかないのです。その意味でも人が宝であり人を大切にしなくては出来ない我々の仕事なのです。
もう一つ仕事は地味でも目まぐるしく変わる昨今の業界筋です。
良いことかどうか分かりませんが、企業間のM&A統廃合が盛んに行われています。企業が生き残りを賭けた最終決断だと思います。銀行や生保を始め製紙、製鉄、精油とどんどん集約していきます。我々のプラント工事業界にあっても小規模ながら系列が明確化されています。その一環で我社巴鉄工(株)も過日日本通運(株)重機建設事業部殿と業務提携を締結致しました。日通殿からの申し出の中身を重々に吟味し、我社の意向をもしっかり受け入れて戴きました。決して巴鉄工(株)を大企業にして行く気持はありませんが、益々厳しくなるであろう業界を生き抜き、社員を大切にし将来に希望が持てる会社にして行く上での私の決断です。
意味合いをはき違えることなく、社員全員が一丸となって目標に向かい努力しましょう。

 

 

需要を受けて、鉄骨製作からプラント配管へと移行

巴鉄工は1971年に先代社長が創業し、私が入社した'78年当時は三菱重工や千代田化工から依頼を受け海外のプラント建設に要する鉄骨製作をやっておりました。工場で鉄骨を製作し、検査、塗装、マーキング、梱包の後に神戸港まで運搬、といった流れで、私も溶接や検査作業はもちろん、客先の出向社員としてサウジアラビア・イラン・イラクなどでプラントの架構工事にも携わりました。

 

その後国内の石油関連プラントのメンテナンス工事が続く中、重油から石炭へ燃料転換するための大規模な配管工事を電力会社から依頼されて任務を無事遂行。その経験と実績から火力発電設備の仕事が徐々に増え、鉄骨から配管へと業務が移行していきました。'90には大手エンジニアリング会社のユーザー第1号としてEYE CADを導入し、プラント専用の3次元CADシステムを共同で構築。それにより石油・電力の各種プラントの配管設計から配管製作、据え付け、メンテナンスまでを一貫して請け負えるようになり、高い技術力とともに弊社の大きな強みになりました。

 

しっかりした仕事をしていれば、必ず仕事をもってきてくれる

現場責任者だった私が会社の指揮を任されて約18年になりますが、そのころはバブル崩壊真っ只中で弊社も大きな打撃を受けました。会社存続の危機にも陥りましたが、そのとき助けてくれたのは現場で苦楽を共にした発注元や元請けの方たちです。お客とのいい付き合い、いい仕事をしてきたことで信用と信頼を寄せてくれたのだと思います。

 

2006年には「堅実で安定した会社」のための投資として、玉島に大型工場を新設しました。現場の原動力となる工場設備の向上を図ったことで、より安全でより高品質なものが提供できております。また'16年2月、日本通運と資本業務提携契約を締結して重量品輸送、据付け業務から配管工事までワンストップで対応できる体制を構築いたしました。今後は多様な配管ニーズに応えるべく、食品や薬品関連のプラントも手掛けていきたいと考えております。

取締役・工事部 統括部長 赤澤 茂
求職の方へのメッセージ
就職活動中の皆さん!巴鉄工で一緒に働きませんか!
我社は石油プラント、化学プラント、発電設備の建設、メンテナンスをしています。プラントの建設では架構、機器の据付が終わったころより配管工事の始まりです。機器と機器が配管でつながり、徐々にプラントらしくなっていきます。また自分がかかわった装置が完了したのを見るとやっと出来上がったな、苦労したが綺麗にできたな、と実感できます。

 

 

どこにも負けない配管施工の技術集団

入社して8年ほどは鉄骨の製図を担当しており、現場に行ったのは火力発電所建設ラッシュの昭和63年ごろ。サウジアラビアなど海外にも行きましたが、一番記憶に残っているのは平成3年の仕事で、愛知県碧南火力発電所で1・2・3号機のプラント新設工事を手掛け、地元に帰ることなくそのまま知多市の出光興産FCC(流動接触分解装置)の定修工事をやりました。自分にとっては初めての改造で、しかも狭い通路で火を間近にした仕事。1ヶ月ほどの間仲間と協力してミスも事故もなく終え、お金もたくさんいただきました。

 

私たちの仕事は信頼される施工をしていれば現場責任者に次の仕事の引合いが来ます。それを請け負うかどうかは工事内容、人員、予算面をふまえて社内で検討。仕事を受ける場合は協力業者の技術レベルも重要になりますので、担当者から情報をもらったり、自分が一緒に仕事をした業者に声をかけたりします。いま三菱化学のボイラー建設工事をはじめいくつかの工事が進行中ですが、その後の仕事へ繋がっていくよう社員も作業員も現場で一生懸命に仕事をしています。

 

当社の強みは品質。

施工に関しては約70種類の溶接施工法の取得とそれに適合する資格保持者の職人がいること。他社にできない難しい溶接が請け負え、自社工場もあるのでちょっとしたものは即日にも納品できます。しかし、利益率のいい仕事を受けるにはもっと人員が必要で、当社の鉄工・溶接チームはもちろん、協力業者も増やさないと対応できません。実働を増やすためにも若い人に来ていただいて、技能資格をどんどん取得してもらいたいですね。

執行役員・東京事業所 所長兼営業部長 井手俊郎
求職の方へのメッセージ
社長が全ての従業員を家族の様に扱ってくれる
営業部長を仰せつかっている井手です。私は三菱石油、新日本石油、NIPPO、JXエンジと  大企業を経験後巴鉄工に入社して4年になります。
巴鉄工に入社して感じた事ですが巴鉄工は家庭的な雰囲気を持った会社だと言うことです。中小企業の良い所であり、社長が全ての従業員を家族の様に扱ってくれます。他の幹部職員も同様です。巴鉄工の仕事は全国の製油所の定期修理・新設工事等で長期間出張する事も多々発生し、苦労等も多いのですが、それを成し遂げた時の喜びはひとしおだと思います。
巴鉄工に入社して頂き、一緒に頑張りましょう。

 

 

安心と信頼の地固めに、雑談で「強み」をアピール

東京事業所の人事管理のほか、新設案件を求めて日揮、千代田化工、東洋エンジニアリングなどの元請けを定期的に回っています。元請けは配管業者3、4社から同じ条件で見積りを取り発注先を決めますので、その競争入札に参加させてもらえなければ何も始まりません。巴鉄工は設計から施工まで担うことで時間とコストが削減できること、技術力が高いことなどを口ベタながらもしっかりアピールしています。

 

工事費削減については敷地5,000坪の玉島工場の存在が大きい

配管同士を繋ぐ溶接作業は現場より工場のほうが3倍ほど効率が良く、いかに内作率を上げるかがポイントになります。ただ、あまり上げすぎると配送トラックに収まりきらなかったり、カーブ部分に無駄なスペースが発生して運賃が高くついてしまう。配管の曲がり具合と積載率を考慮して、どこまで工場製作するかを決めるのは経験と勘が物を言いますね。

 

現在、新設案件で見積を出しているのが数件あります。価格を下げれば仕事は取れるかもしれませんが、経常利益に影響するのでそこは難しいところ。

当社としては優秀な設計陣、高度な技術、高品質、施工実績とそれに伴う高い評価を裏付けに、適正価格で提示させていただいております。また、このたび日通との業務提携を締結しましたが、それも今後の売りになるでしょう。

執行役員・総務・経理部 部長 小川桂一郎
   (写真右奥) 宮本惠子  (写真左奥) 藤村歩実
求職の方へのメッセージ
我が社は社員100人足らずの中小企業
巴鉄工が施工する工事は配管工事が主体ですが、鉄骨工事・タンクの製作据付工事・解体工事等、多種多様な工事を行っています。客先も石油精製関係・ケミカル関係・発電関係・食品関係と色々な業種と取引をしています。
現場監督・溶接工・配管工・製缶工など個々の能力を発揮できる職種も多様です。工事1件々々全く同じものはなく、大企業では経験できない物作りの醍醐味や達成感があります。また、福利厚生に関しては年数回中小企業ならではのイベントを実施しております。それらも社員同士の協力や信頼関係の礎になっていると思います。

 

 

社内の雑用を一手に引き受けています

経理部では一ヶ月のスケジュールを決め、その流れにそって各担当者が責任をもって仕事を片付けています。給与や支払い、試算表作成といった経理をメインに、切符・宿の手配や客への土産、寮の入居者管理、現場に出す書類や講習の申し込みなど諸々の仕事を行なっています。

 

いまは社内で仕事をしていますが、若い頃はいろいろな現場へ出向きました。その先々で事務・書類関係の処理、宿の調整などを行ない、あるときは90mの煙突の解体工事現場で監視人のようなこともやりました。そういった雑務経験が豊富なことから「何でも屋」のイメージをもたれているらしく、雑用すべてを経理部の3人でこなしております。何か聞かれたり頼まれた時に素早く対応できるよう、この場合はどこで調べたらいいかといった対処先のネットワークを頭の中に用意しておくことが大事ですね。

 

福利厚生を手厚くやっている

そのこともあってみなさん勤続年数は長いです。会社全体のイベントでは4月の花見、夏のビアガーデン、年末には200kgほどのもち米を使う餅つき大会があります。社員旅行は会社が全額負担し、毎月2000円を各自の給与から天引きで積み立て、お小遣いとして旅行前に返却するので新たな持ち出しはゼロ。仕事以外の楽しい交流が社員間の団結力を高めているのかもしれません。

 

 

■宮本惠子:総務・経理部(写真右奥)

求職の方へのメッセージ
どの仕事も楽しい事ばかりではありません
総務の仕事は〔何でも屋〕です。社員が気持ち良く働けるよう、縁の下の力もちとして常に笑顔をモットーとし、頑張っています。
経理の仕事は、正義感を持って、日々の仕事、月単位の仕事と流れに沿い行っています。ミスの無い様、チェックを重ねています。どの仕事も楽しい事ばかりではありません。又、成果がはっきり見える仕事ばかりではありません。その中で、自分なりに工夫し、プラス思考で進みます。それが、自分が輝き、会社の発展に繋がると考えます。

 

 

女性の「声」が届いて働きやすい会社です

財務、社会保険、現金の管理を担当しています。16年間の勤務を通して感じるのは、働きやすい会社だということです。他の社員も同じように感じているのか、弟や妹の入社も多いですね。私のいる部署では月の後半がとくに忙しいのですが、自分の担当する業務に支障がなければいつでも休みを取らせてもらえるのはありがたいと思います。他社では社員旅行に行きたがらない女性が多いのに、うちでは社長が行き先の決定権を女性に与えてくれるので特別な用事がない限り100%の出席率です。

 

 

■藤村歩実:総務・経理部(写真左奥)

求職の方へのメッセージ:先輩の生の声
あらゆる事を自分でする
私は、大企業に就職したことがないのでわかりませんが、巴鉄工の良いところは、あらゆることを自分でするので忙しいこともありますが、広い範囲・自分のペースで仕事をすることができます。なので、仕事量は多かったりもしますが、その分自分でできることも多くなり、そして仕事の達成感は十分に得ることができます。
大企業と比べ、中小企業である巴鉄工の方が異動や転勤も少ないですし、出世もしやすいと思います。

 

 

この会社だから子どもが生まれても働きたい

給与のパソコン入力のほか、支払い関係の処理をしています。この会社について詳しいことは知らず、「工場をもっているしっかりした会社」というイメージで入社しました。仕事は上から命令されないぶん責任は伴いますが、自分のやり方でできるので仕事がしやすいし、旅行やイベントがたくさんあって楽しいです。「絶対辞めないほうがいい」と家族や友人からアドバイスをもらっているので、出産後もここでお世話になるつもりです。帰って来れるところがあるというのは安心感がもてますね。

工務部工務グループ 設計チーム 次長 青葉 修
求職の方へのメッセージ
自分の作った図面で物が出来てそれがずっと形で残るって素敵な事
当社は、主に配管工事及び配管設計を行う会社です。
今の時代では嫌がられる、きつい、仕事だと思います。きつければ、きつい程終わった時の達成感は格別です。
設計部門においては、3D CADと2D CADを使い分けて設計をしています。CADに関してひとつのツールでそれをいかに使うかが重要です。自分の作った図面で物が出来てそれがずっと形で残るって素敵な事だと思いませんか。簡単にはできないですが、若い人材は不足しています。技術を極めれば将来仕事に困ることはないと思います。
ぜひ!!来て見てください!!!

 

 

苦労の後の達成感・満足感があるから頑張れる

三次元CADを使いたくて20年ほど前に当社へ転職し、現在はプラント配管の設計を担当しています。新設案件を一連で請け負う場合、ポンプ・タンクなどの配置や配管ルートを考える基本設計、バルブや計器などの部品を入れ込む詳細設計、施工のためのスプール図作成など安全性・機能性・操作性・通路確保を考慮して設計を行ない、長ければトータル1年の歳月を費やします。

 

白紙の状態から最終工事まで関わるので苦労も多いですが、そのぶん完成したときの達成感・満足感はひとしおで、それが仕事のやりがいにもなっています。

 

 

詳細設計からの仕事では元請けが基本設計を行ないますが、元請けから提示される要望仕様書の確認の取り合いに時間を要し、現場との板挟みにもなるなどいろいろ問題が発生します。

 

 

 

 

 

 

 

当社には工事のスペシャリストがいて、設計と工事が連携

だから、それによるコストダウンが可能になるため最近は基本設計からの仕事が増えています。増強工事を行なう定修では操作性や干渉の確認などを現場に行ってチェックしますが、自分が図面担当した箇所を見て改善図面をおこしていくのもまた楽しいですね。

管理部 品質管理室 課長 馬場大輔
求職の方へのメッセージ
自分の子供に「お父さん、こういう仕事をしているんだ!」と胸を張って言える仕事をしたい
仕事に対して何を求めるか。
達成感、やりがい、お金、地位や名声・・・考え方は人それぞれだと思いますが、それを成し遂げるための基本として共通していることは、色々なことを自ら学び、覚えていく姿勢だと思います。 どんな仕事に就いても同じ。努力なくして成長・成功なし。
巴鉄工は資格取得や講習受講など、本人のやる気があれば、スキルアップのために積極的に支援してくれます。また色々な職種から転職した人も多いので、どんな人にもチャンスがあります。
大企業と違い人数に限りがあるため、各自に任される仕事が多岐にわたり、広い知識が必要になります。ある程度自由にやらせてもらえますが、その分責任もあります。
工事に入れば大変なことも多々ありますが、建設・保守に自分が携わった装置で、石油や化学の様々な製品が生まれて、世の中に出回っていることを考えると、やりがいがあるし、誇らしく思います。
どうせやるなら、自分の子供に「お父さんこういう仕事をしているんだ」と胸を張って言える仕事をしたいですもんね。
巴鉄工は社員旅行やBBQ、ゴルフや釣りなど社員間の交流も盛んです。遊ぶときは遊ぶが、やる時はやる。この雰囲気もいいところだと思います。
自分の力を試したい人、仕事を通じて成長したい人、自分の頑張った証を世の中に残していきたい人、ぜひ一緒に頑張りませんか。

 

 

しっかり仕事と向き合えば、自分自身も向上できる

品質管理は配管の材質や形状、寸法が図面通りに工場で製作されているか、溶接材料や溶接法が仕様書通りか、溶接士は技能試験合格者かといったチェックのほか、溶接部のピース形状や割れなどの欠陥がないかの外観検査をします。配管内部はx線を使った非破壊検査を第三者機関に委託しますので、検査会社との調整や検査箇所の指示、欠陥が見つかれば処理の対応をし、それらすべてを検査記録としてまとめます。

通常1人が1つの工事を担当しますが、入社2年目のときに人手が足りず、全く仕様の異なる2つの工事を同時進行で検査しました。かなり大変でしたが、優先順位をつけないと前に進まないことをその時に学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この会社ではいろいろな経験をさせてもらえ、勉強する機会も与えてくれます。仕事のやり方など個人に権限が与えられているのでやりがいがあり、頑張れば頑張っただけちゃんと評価してもらえます。

工事部 工事1グループ 主任 赤木清志
求職の方へのメッセージ
やりがいについて
スタッフがそれぞれの役割に対し、責任を持って仕事をしています。一つの役割に対し、全力で取り組むことにより、チームワークと結束力が高まり、チームで一つの工事を、行うことにより、終わった時の達成感が味わえる会社だとおもいます。現場監督として、夜遅くまで仕事をする事が有りますが、皆で助け合いながら、仕事をしています。先輩方は時には厳しく、時には優しくフォローして下さり、楽しく仕事をしています。
現場監督として、一緒に汗を流しませんか。

 

 

部署の垣根をはずして「チーム巴」で助け合う

工場で製作した配管を現場で取り付ける仕事をしています。お客から出される配管に関する要望仕様書をしっかり読んで要点を徹底させ、不明な点は勝手に解釈せず先方に確認をとって作業に取りかかります。

 

仕事の上で意識の食い違いは品質に影響が出るし、お客の要望を叶えられなければ信頼関係も築けません。自分の業務に対して、1つの現場を任されて安全に仕事を終え、お客に満足してもらって自社に利益をもたらすことが「一流」との思いがあり、それを目指して日々の業務に励んでいます。

 

 

 

 

 

チームワークのいい会社

16年間在籍し、巴鉄工はチームワークのいい会社だと感じています。部署の垣根がなく、悩みごとや困りごとなど親身になって一緒に考えてくれる人がたくさんいて、孤立感を感じたことがありません。

 

仕事上のトラブルが発生した時には人を責めるのでなく、解決策のほうへ社員が一丸となって全力を注ぎます。自分自身もそれを経験したことがありますが、社内の結束力と上司の器の大きさに助けられて状況から逃げずに踏ん張る事ができました。

まだまだ新人だけど先輩です。
常駐グループ 中電水島出張所 班長 髙倉 真
求職の方へのメッセージ
何といっても、達成感のある仕事
僕の巴鉄工での仕事は、主に、中国電力に入り元請の中電プラントから仕事をもらい、それを協力会社の職人さんに仕事を頼んで作業をしてもらう「作業責任者」という役割を行っています。仕事の内容をよく理解してそれを職人さんに伝えないといけないので、とても難しい役割です。
協力会社の職人に怒られたり元請に怒られたりと厳しい時もありますが、その工事が終わった時の達成感はとてもあります。また、この会社は年に2回の懇親会として会社の庭でバーベキューや年に1回の社員旅行など、いろいろな楽しい行事がたくさんあります。
大変なこともありますが、楽しいこともたくさんあるので、是非、この会社で一緒に働きましょう!

 

 

仕事の積み重ねが自分を変えてくれる

中国電力・水島出張所内で火力発電設備の修理・メンテナンスを行なっています。客先の中電プラントから提示された依頼箇所の図面を見て施工方法を決め、その指示を下請けの職人さんに伝えて一緒に作業をします。

 

 

 

最初のころは

材料の運搬や足場組みの手伝いしかできませんでしたが、先輩に教わりながらだんだんと仕事を覚えていきました。まだ先輩の指揮下とはいえ、まさか自分が現場で監督する立場になるとは入社時には想像もしていませんでした。

 

 

壁を1つ1つ乗り越えることで仕事への意欲、責任感が生まれてきた

この2年の間には落ち込んだことや辞めたいと思ったこともありましたが、日々の作業を積み重ねていくうちに全く知識のなかった溶接ができるようになり、吊り上げ荷重5t以上のクレーン運転士の国家資格・玉掛け資格も取得できました。壁を1つ1つ乗り越えることで仕事への意欲、責任感が生まれてきたのを感じます。自分の中では現場を任されたら一人前と考えているので、早く一人立ちできるよう先輩からしっかり学んでいきます。

まだまだ新人だけど先輩です。
工事部 工務グループ 設計チーム 片岡美奈
求職の方へのメッセージ
自分が会社を大きくするという実感が持てる
巴鉄工の良いところは、経営陣との距離が近いため意思決定のスピードが速いこと、そしてなにより社員が少ない分責任のある仕事を任され、自分が会社を大きくするという実感が持てることだと思います。そしてそれをやり遂げたときやりがいや達成感も味わえる。現状、就職活動で多数の方が悩んでいるかと思われます。
「この仕事にチャレンジしたい」という大きな想いがあれば、きっと就職活動を乗り切れられるのではないでしょうか。

 

 

自分の可能性にチャレンジしてみたい

商業系出身のため総務部が希望でしたが、意外にも配属先は工事部でした。この部署では工場で配管製作するための加工図の作成、配管材料の重量集計と発注、コスト管理を行なっており、私は上司の補助として指示されたことが確実にできるよう努めています。

 

配管や設計に関する専門知識がゼロからのスタートだったこともあり、新しい発見の毎日。困難な仕事でもやり遂げてしまう先輩たちを目標に、自分も早くその域に到達できるよう頑張っています。

 

念願が叶って私も入社

母も以前この会社に勤務しており、職場の雰囲気がいいと家でよく話していました。念願が叶って私も入社でき、先輩たちの懇切丁寧な指導や社員間のコミュニケーションのよさなど、いま母の言葉を実感しています。年間のイベントも多く、とくに年末の会社挙げての餅つきは圧巻でとても楽しかったです。希望を出せば配置換え可能とのことですが、せっかく設計チームに入り徐々に設計を覚えているので自分の可能性にチャレンジしてみようと思っています。

チームTOMOE
TOMOE TEKKOへエントリーする

※メールで求人に関するお問い合わせは・・・ contact◎tomoe-iw.co.jp

メールアドレス*
確認用メールアドレス*
お名前*
郵便番号
住所*
年齢*
希望の仕事内容
(あれば)
エントリーにあたり、当社のどこに興味を持ちましたか?*
*は必須項目です。
巴鉄工株式会社 営業所一覧

本  社

〒712-8044
岡山県倉敷市東塚6丁目11-14

TEL086-455-2544
FAX086-455-0429

東京事業所

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3丁目30-5 タクエー横浜西口ビルディング8F

TEL045-412-4530
FAX045-412-4535

東塚工場

〒712-8044
岡山県倉敷市東塚7丁目14-6

TEL086-455-0700
FAX086-456-8240

玉島工場

〒713-8103
岡山県倉敷市玉島乙島字新湊8252-4

TEL086-525-5698
FAX086-525-4510

松江工場

〒712-8052
岡山県倉敷市松江3丁目9-22

TEL086-455-1960
FAX086-455-4512

中国電力水島出張所

〒712-8054
岡山県倉敷市潮通1丁目1番地(中国電力(株)水島発電所構内)

TEL086-455-4265
FAX086-455-2522

JXエネルギー水島A工事所

〒712-8071
岡山県倉敷市水島海岸通4(JXエネルギー(株)水島製油所構内)

TEL086-444-5770
FAX086-444-2236

JXエネルギー水島B工事所

〒712-8054
岡山県倉敷市潮通2丁目1番地(JXエネルギー(株)水島B工場内)

TEL086-456-5776
FAX086-456-5777